ダメージ 白髪染め


大人以外の白髪

白髪と聞くと、年配の人のもの、というイメージが強いと思います。
ですが、白髪は、歳を重ねた人だけがなるものではありません。
幼稚園児や小学生の白髪も存在します、年配の人だけではなく、若い人たちでも白髪になる可能性は、十分にあるのです。
ここでは、そんな気になる白髪の予防方法をご紹介したいと思います。

 

白髪の原因として、考えられる原因は、「遺伝」と「ストレス」です。
実は、小学生1万人に3〜4人の割合で、白髪が見つかったという調査結果があり、大人だけでなく、幼稚園児や小学生でも、白髪が増えてきたというものもあり、この場合は、遺伝的な原因が強いといわれています。

 

ですが、多忙を極める現代人は、多くのストレスを抱えやすい環境にあるので、遺伝的なものが原因だとは、一概には言い切れません。
特に、中学生から大学生までの白髪は、受験勉強や学校などの人間関係で、強いストレスを抱えているものです。
ストレスを受けすぎてしまうと、メラニン色素を生成する細胞と密接な関係にある、ホルモンのバランスが崩れてきます。
つまり、ストレスを受けた結果、メラニン細胞に異常をきたし、黒髪が作られず、白髪になってしまうというのです。

 

「急に白髪が増えた!!」という人は、このストレスが原因である場合が多いのです。
親族の不幸や、両親の離婚などが原因で、強いショックから、突然白髪が増えてしまったというケースも、あるようです。
また、栄養成分が補充されれば、白髪が黒髪へと蘇る可能性も十分にあるのですが、「白髪が治る食品」というものは、今はまだ発見されてはいないのです。

 

「目立つ」「気になる」からといって、白髪を抜いてしまわぬよう、注意してください。
黒髪に戻る可能性のある髪を抜いてしまっているだけではなく、髪を抜く衝撃で、毛根が傷ついてしまうと、その部分が炎症を起こし、髪自体が生えてこなくなってしまう危険性も出てきます。
次に生えてくる髪の毛にも、よくありません。
また、白髪を抜く行為自体が、頭皮にストレスを与えることにもなりかねません。

 

子供の白髪対策

多感な子供達ですから、親の立場からすれば、当然のように、白髪を何とかしてあげたいと、様々な方法をとるでしょう。
体質的に白髪になりやすかったり、遺伝などである場合、これといった対策がないので、本人には、「あまり気にしないように」「大人になったら治るものだと思うこと」と、話してあげてください。

 

お子様が、とても敏感であったり、繊細な性格で、自分に白髪があることが、精神的に大きな重荷になってしまうことは十分にありますし、子供同士の言葉によっては、傷ついてしまうことも多いので、子供なりにストレスを受けてしまい、更に髪に悪影響を与えてしまう場合もあります。

 

最近は、ご自宅で且つ素手でも扱えるというような、子供でも扱える頭皮に優しい白髪染めもあるので、白髪を目立たないように染めてあげて、外見的な変化をつけてあげることで、精神的な負担を少しでも減らしてあげることも、大変有効な方法だと思います。