ダメージ 白髪染め


白髪を抜くと薄毛になる?

白髪を見つけたとき、抜いてしまう人がいますが、それは絶対にやめてください。
年齢を重ねるにつれて、気になってしまうのが「白髪」です。
この白髪については、様々な通説や噂が、多く存在します。

 

ここでは「白髪を抜くと増える」などといった噂について、探ってみたいと思います。

 

「白髪を抜くと増える」は、うそ?

白髪は、毛髪の根元にある毛母細胞の間にある色素形成細胞の「メラノサイト」で作られるメラニン色素が、減少・消失してしまうことが原因ですから、白髪を抜くことで白髪が増えてしまう、ということは、まずありません。

 

とはいえ、1本だけ白髪を見つけたときに、つい抜いてしまう人もいるのではないでしょうか。
白髪を抜いてしまうと、毛穴や毛根が傷ついてしまい、炎症を起こしてしまうことで薄毛の原因になってしまう場合がありますから、気になっても、なるべく抜かないようにしましょう。
白髪を抜くと薄毛になる、というのは、物理的に見て、間違いではないようです。

 

白髪染めを使うと、白髪が増える?

白髪染めを使っても、白髪が増えてしまうということは、ありません。
白髪染めが原因で白髪が増える、ということはありませんが、そもそも白髪染めは、ヘアカラーの一種であり、髪の毛の内部まで染料の成分を浸透させて、髪の毛を染めます。
ですから、髪の毛にダメージを与えてしまうことがあるのです。
ダメージヘアになることで、髪に艶がなくなると、白髪が目立ってしまうので、「白髪が増えた」というように感じることがあるかもしれません。
ですから、白髪染めを頻繁に使用する場合は、頭皮に優しく、なるべく髪の毛を痛めないタイプのものを使用するように心掛けてみてください。
染めた後は、トリートメントなどで、しっかりとヘアケアしてあげることも、お忘れなく。

 

「白髪が増えた」と感じ、それ自体でストレスを溜めてしまえば、白髪は益々増えてしまいます。
カラーリングなどで髪のおしゃれを楽しんだり、白髪染めを使い、出来てしまった白髪を気にしないようにするのが、白髪予防の一番の「特効薬」になるでしょう。