ダメージ 白髪染め


子供は白髪にならない?

子供でも、白髪になる可能性は、あります。病気にかかったり、薬やストレスが原因で、毛母細胞に異常を来して、髪の色を決めるメラニンが生成されなくなってしまうことで、白髪になってしまうのです。

 

ですが、若い人の白髪は、毛母細胞の機能が衰えてしまっている訳ではないので、その原因を取り除くことで白髪が治り黒髪に戻ることもあります。

 

子供の白髪は、主にストレスや栄養不足、生活習慣、遺伝、疾患などが主な原因とされていますが、それでも、これといって特定出来る確実な原因がある訳ではありません。

 

子供の頃からの白髪は、学校などでいじめられたり、嫌な思いをすることで、心の重みが大きくなっていき、それが和歌白髪に悪循環の拍車をかけてしまう可能性があります。

 

ですから、子供の白髪は対策をしっかり考えて改善していかなければならないのです。

 

子供の白髪対策としては、主に次の3つの方面から対策を施していきます。

 

白髪染め

まずは、当面の白髪を隠す為、白髪染めを使用して髪を染めます。
子供の肌は弱く、敏感肌ですので、間違っても、近所のドラッグストアで販売されているような、市販の刺激の強い薬剤は、使用しないように気をつけてください。
重要なのは、無添加の白髪染めか、低刺激の植物性の色素を使用した白髪染め、天然のトリートメント成分が配合された人気のヘアカラーなどを使って染めることです。
白髪が治るまでは、定期的に染めることになりますから、地肌と髪を傷めないよう、徹底してきちんとしたものを選んであげましょう。

 

 

栄養補給

栄養不足から白髪になってしまっているケースは、多くあります。その為、野菜や果物を意識的に摂取させるようにしてあげましょう。一番手っ取り早いのは、青汁を飲ませてあげることです。最近の青汁は、とても味がよく、子供でも美味しく飲めるように出来ているので、青汁比較ランキングなどを参考にしたり、様々な青汁を飲み比べしているホームページを参考にして、味が良く、続けやすい青汁を選びましょう。

 

また、サプリメントの方が、飲みやすくて続けやすい、という人は、ビタミンやミネラルなどの必須栄養素を摂るようにしましょう。その他には、にんにく卵黄や黒酢なども、お勧めです。

 

ストレス対策

ストレスを溜めないように、日頃から親御さんが気にかけてあげて、ケアしてあげましょう。学校でキツい思いをしているのに、家庭でも嫌な思いをしては、居場所がなくなってしまいます。少しの違いも見極めてあげて、優しく愛情を注いであげてください。

 

また、勉強を強制せず、好きなようにゲームをさせてみたり、友達と沢山遊ばせたり、休みの日には、どこか子供が楽しめそうな場所に連れていってあげて、思いっきり遊ばせてあげるなど、子供らしいレクリエーションを多く与えてあげるよう、心掛けてみてください。