ダメージ 白髪染め


若白髪は遺伝するのか

若白髪は遺伝するのか?
母親が、20代から白髪に悩んでいたと思えば、自分も20代で白髪が目立ち始めた・・・というのは、よくある話です。
白髪になる原因は、いくつかありますが、白髪が出来るのは、遺伝的要素もあるといわれています。

 

統計的に見てみると、「長男は母方」、「長女は父方」の遺伝的影響を受けやすい、と、いわれています。
だからといって、簡単には諦めず、白髪になりやすい体質であれば、若いうちから白髪に気をつけて、髪に良い生活環境を整えていくことが大切です。
そうすることで、白髪になりにくい状況を維持することが、可能になります。

 

生活の中でも、特に気をつけたいのが、やはり「ストレス」です。

 

髪の毛を黒くするメラニン色素は、色素細胞のメラノサイトによって作られますが、このメラノサイトは、ストレスによってその機能を低下させてしまいます。
仕事のストレス、人間関係のストレス、様々なストレスがありますが、髪に最も大きなダメージを与えてしまうストレスは、仕事のストレスでもなければ、人間関係のストレスではなく、意外にも「夜更かし」なのです。

 

髪の素となる様々な細胞は、私達が、夜眠っている間に作られますから、遅くても、深夜0時までには就寝するように、心掛けましょう。

 

食生活では、血行促進に効果のある食品を、積極的に摂るようにしましょう。
頭皮を揉みほぐしてあげるのも、とても有効です。
頭皮に手を添えて、指の腹で頭皮を動かすように、優しく揉みほぐしてあげましょう。
ほぐれる感じが分かるので、気持ちよく、精神的にもリラックス出来ます。

 

理想的な頭皮は、柔らかく厚みがあり、頭蓋骨から大きく動きます。
頭皮が硬いと、指で揉んでも、あまり動きません。
血行が良くなる入浴中、湯船に浸かりながら優しく揉みほぐしてあげるのも、いいですね。
ですから、毎日優しく揉みほぐしてあげることで、柔らかく厚みのある頭皮をめざしましょう。