ダメージ 白髪染め


白髪の原因

白髪といえば、年齢を重ねるにつれて、男女問わずどなたでも悩みを抱えるものですが、では、なぜ髪の毛が白髪になってしまうのか、その原因はご存知でしょうか?

 

白髪の原因は、いくつかあります。

 

ですが、その中でも「加齢」は、とても大きな原因です。

 

年齢を重ねるごとに、メラノサイトが黒い髪の状態を保てず、その役割が衰退していってしまう、と言われているのです。また、白髪が生えてくる原因は、毎日の生活習慣とも関わりがあると言われており、健康維持と同様に、悪い生活習慣が続けば、メラノサイトの役割も弱くなってしまい、白髪になってしまうと言われているのです。

 

その他の原因として、遺伝などが原因である、という説もあります。
髪の毛が白髪になる原因は、親から受け継いだ先天性のものに、深い関わりがあると言われており、統計的に見ると、その確率が高いことがはっきりと解明されています。

 

髪の色は、メラニン色素の量で決まる

私達の髪の色は、髪の内部に存在しているメラニン色素の種類や、その量によって決まってきます。
黒髪には、メラニン色素が多く存在しえちますが、白髪には、そのメラニン色素は、殆ど存在していません。
黒髪の毛髪断面は、メラニン色素が多く存在し、ブロンドには、メラニン色素の存在は少ないです。
また、白髪は、メラニン色素が殆ど含まれていません。

 

メラニン色素は、メラノサイトで作られている

メラニン色素は、色素形成細胞である「メラノサイト」で、作られています。
メラノサイトとは、「毛球」に存在している色素形成細胞で、髪を作り出す「毛母細胞」という細胞と、隣り合って存在しています。
毛母細胞は、毛乳頭の毛細血管から栄養分を得ることで、細胞分裂し、髪の毛を作り出しています。
その、髪の毛が出来る家庭で、メラノサイトから毛母細胞へと、メラニン色素が渡り、髪の内部に取り込まれることで、黒い髪が出来上がるのです。

 

白髪になるのは、メラニン色素が作られなくなるから

白髪が出来てしまうのは、加齢と共にメラノサイトの働きが低下してしまい、メラニン色素が作られなくなっていくためです。
メラノサイトの働きが低下する原因は、実はまだよく分かってはいませんが、その原因は加齢ばかりではなく、遺伝もその原因のひとつのようです。
また、ストレスや高熱、薬の副作用などが関連している、というような説もあります。
ですから、いわゆる「若白髪」は、ビタミンAや鉄分不足、精神的なストレスも影響してくる、という説もあります。

 

「メラニン色素」とは

植物界に広く存在し、黒〜褐色の高分子色素の総称を「メラニン色素」と呼びます。
通常は、毛髪たんぱく質と固く結合しており、水を始め、殆どの液体に溶けることはありません。
因みに、イカやタコの墨も、メラニンの一種です。
ですから、服についてしまった場合、洗濯しても落ちにくいのです。