ダメージ 白髪染め


白髪染めとヘアカラーの違いは、どのようなものなのでしょうか?

白髪が気になる30代〜40代の女性は、「白髪染め」を使用することに抵抗を感じており、一般的なヘアカラーで髪を染める人が多くいるようです。

 

白髪染めとヘアカラーの違いは、どのようなものなのでしょうか?

 

今回は、その白髪染めについて、考えてみたいと思います。

 

白髪染めはヘアカラーの一種

基本的には、白髪染めも、ヘアカラーのうちの一種です。
黒髪を染めるヘアカラーと区別する為に、白髪を染めるヘアカラーを「白髪染め」と呼んでいるのです。

 

白髪染め・ヘアカラーの仕組み

白髪染めやヘアカラーは、永久染毛剤と呼ばれるもので、1剤と2剤を混ぜ合わせて髪に塗布し染めるのが一般的です。
これには、クリームタイプ・ジェルタイプ・液状タイプがあります。

 

1剤には主に、パレデニレンジアミンや、パラアミノフェノールなどの染料前駆体であるプレカーさーと、染料連結体のカップラーが配合されており、それぞれの量や配合の割合によって、染まる髪の色の濃さが決まります。
2剤には、主に過酸化水素が入っており、それ1剤と混ぜることで科学反応を起こし、酸化原料を作ると同時に、髪の内部にあるメラニンをブリーチ、つまり脱色を行います。
酸化染料は、髪内部に浸透し、発色するという作用があります。

 

白髪染めと、黒髪を染めるヘアカラーでは、毛髪の色を濃くするのか・薄くするのかは、発色させる成分の量や配合で異なります。
白髪染めは、上手く白髪が染まるように、ヘアカラーは、黒髪が上手く染まるようにそれぞれが作られています。

 

では、チラチラと白髪がある人は、どちらを使用して髪を染めればいいのでしょうか。
白髪が数本程度であれば、白髪染めではなく、ヘアカラーで構いません。
生え際や、分け目などにまとまって白髪が生えている場合は、白髪染めを使う方が、目立ちにくくなります。
「白髪染め」と聞くと、年齢の高い女性が白髪を染める為にしようするイメージがありますが、最近では、ヘアカラーのように、髪色を明るく染めることが出来る白髪染めもあります。
ですから、年齢は気にせずに、白髪の量や、目立ち具合にあわせて、白髪染めか、ヘアカラーかを選んで使用するといいと思います。

 

タイプ別、白髪染め・ヘアカラーの選び方

白髪染めとヘアカラーは、大きく分けて、クリームタイプ・ジェルタイプ・液状タイプの3つがあります。
髪の長い人が、髪全体をカラーリングするときには、ジェルタイプか、液状タイプが使いやすいです。
このタイプは、髪全体に広げやすいので、馴染ませやすく、手早く髪を染めることが出来るのです。

 

ショートヘアの人が、髪全体をカラーリングするときや、生え際や根元などを部分染めする時には、クリームタイプがお勧めです。
クリームタイプは、液だれしないので、染めたい部分だけを染めることが出来て、また、必要な分だけチューブか取り出し、残りはそのまま保存出来るので、ムダなく使うことが出来ます。

 

たった一本見つけただけでも、とても気になってしまう白髪。
この白髪も、目立ってきたら、やはりヘアカラーよりも、白髪染めを使って髪を染める方が、効果的です。
ですが、白髪染めは、使い方や、頭皮や髪に優しいものを選ばなければ、頭皮トラブルが起きてしまい、薄げの原因になってしまうので、十分に注意しましょう。
髪や頭皮に低刺激で、優しい成分が配合されたものを選ぶといいでしょう。